HOME 運営者情報 利用規約 お問い合わせ 個人情報に関して

軽井沢の歴史

今では、リゾート地として有名な軽井沢ですが、そもそも軽井沢は、いつ頃からこのように有名になっていったのでしょうか?

その歴史は1886年カナダの宣教師、アレクサンダークラフトショーが、訪問した際に彼の故郷であったトロントと雰囲気が似ていたということがきっかけとされています。その後、彼の友人たちがこぞって訪れるようになり、地元の旅館で西洋文化を教えるなどし、少しずつ彼らを通して、知識人や文化人から人気を集めるようになってきました。

その後、1906年に三笠ホテルが開業し、そこから日本の三大外国人避暑地の一つとして認められるようになりました。このようにして、彼ら外国人が自身たちの別荘を軽井沢で購入し、迎賓館としても使われ始めたことから、「軽井沢の別荘」としてブランド化されていったのです。

現在の天皇皇后両陛下が、出会われたのも軽井沢のテニスコートということで、名家の別荘地であることはいうまでもありません。財界人や経団連などは、会合などで頻繁に軽井沢を利用し、国の重要人物とされる方々がお忍びで集まる場所としても有名です。

そんな軽井沢は、一つのステータスとなっており、彼らの交流や親睦を深めるリゾート地として、今日の軽井沢ブランドが存在します。





軽井沢不動産会社人気サイトランキング
スタープラチナ
軽井沢別荘ドットコム
株式会社アクトン