HOME 運営者情報 利用規約 お問い合わせ 個人情報に関して

軽井沢エリア別の特徴

ここでは、軽井沢のエリア別による特徴をご紹介します。


南ヶ丘南原エリア
旧軽井沢、中軽井沢、南軽井沢がちょうど交わるあたりのエリアです。
交通アクセスもよく、企業の保養所が多い場所です。有名レストランなども数多く進出しており、今後、一層注目を浴びるであろうエリアといえます。

南軽井沢エリア
主に国道18号バイパス南側のエリアです。リゾート地軽井沢とは少し雰囲気の違った、のどかな雰囲気が特徴です。一方で、開発の進んだレイクニュータウンや丸紅別荘地もあります。塩沢湖周辺には美術館などもあり、定住向きの環境といえるでしょう。

中軽井沢エリア
中軽井沢駅の周辺は、日常生活において非常に便利なエリアと言えます。町営住宅街や商店街があり比較的湿気が少なく、、又、生活道路などもしっかりしています。
湯川ふるさと公園もある為、家族で触れ合って過ごすのには最適の場所といえるでしょう。

旧軽井沢エリア
歴史のある大型の別荘があるエリアで、別荘の王道と呼ばれています。軽井沢の別荘第一号と言われる「ショーハウス」もここに存在し、綺麗な庭や小川沿いの林道など本物の美しいロケーションが魅力的です。

新軽井沢エリア
国道18号から旧軽井沢銀座へ向かう途中、東雲交差点までの範囲が新軽井沢エリアです。軽井沢駅に非常に近く、観光客も多いためか、商業施設が多く、買い物や外食には最適です。そのため、一般住宅が多く存在します。

千ヶ滝エリア
古くから文化人に愛されてきた名門の別荘地エリア。中軽井沢駅より北へ向かった国道146号線沿いに広がっており、自然豊かな地区で、そこにはゆったりとした時間が流れています。近年ではショッピングモールもできており、注目を浴びているエリアのでもあります。




軽井沢不動産会社人気サイトランキング
スタープラチナ
軽井沢別荘ドットコム
株式会社アクトン